学術評議会


CSAW UGの学術評議会は、以前のプログラム評議会に代わり2011年10月に設立され、その委員はCSAW UGの活動の統轄者である副学長により任命、および解任されます。学術評議会は、諮問機関の役割を担い、CSAW UGに実質的な支援を提供することを目的とします。当評議会は、東アジア分野を専門とするポーランド国内外の研究者により構成されています。

Prof. Ewa Oziewicz 議長
Prof. Bogdan Góralczyk ワルシャワ大学
Prof. Joanna Grzybek ヤギェウォ大学
Prof. Marcin Jacoby SWPS社会科学大学
Prof. Sylwia Pangsy-Kania グダニスク大学
Prof. Jan Rowiński ワルシャワ大学
Prof. Mateusz Stępień ヤギェウォ大学
Prof. dr Wu Lan グダニスク大学
Prof. dr Zhao Gang 北京外国語大学、北京、中国
Prof. dr Sungeun Choi 韓国外国語大学校、ソウル、韓国
Prof. Emiko Kakiuchi 政策研究大学院大学 、東京、日本
Prof. Toshiyuki Kono 九州大学、福岡、日本
Prof. Koji Morita 東京外国語大学、東京、日本
Prof. Mao Yinhui 広東外語外貿大学、中国
Prof. Ren Yatsunami 九州大学、福岡、日本
Dr Yuki Horie ポズナン・アダム・ミツキェヴィチ大学